top of page

座頭の市 〜見知らぬ恩義〜

☆ものがたり☆


按摩師ながら人を斬り、手配書の回った市という男が、とある博打場にやってきた。そこは砂原の千蔵という、お上から十手を預かりつつ金貸しをしている男が胴元で、イカサマをして金を巻き上げていた。鋭い勘でイカサマを見破った市は命を狙われる。千蔵の一家に用心棒として身を寄せている佐助は市を討つ命を受けるが、市と対話していく中で心境の変化を感じていた…

閲覧数:50回

関連記事

すべて表示

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。 お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。 すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。 お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が! 桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。 今日はその出立の日・・・。

どこにでもいる幸せそうな若い夫婦。 しかし、二人は訳ありで、江戸から上州に逃げてきた身。 そしてその二人をヘビのように執拗に探し、追いかけてくる黒い影が・・・。

bottom of page