座頭の市 〜見知らぬ恩義〜

☆ものがたり☆


按摩師ながら人を斬り、手配書の回った市という男が、とある博打場にやってきた。そこは砂原の千蔵という、お上から十手を預かりつつ金貸しをしている男が胴元で、イカサマをして金を巻き上げていた。鋭い勘でイカサマを見破った市は命を狙われる。千蔵の一家に用心棒として身を寄せている佐助は市を討つ命を受けるが、市と対話していく中で心境の変化を感じていた…

42回の閲覧

関連記事

すべて表示

人の振り見て我が振り直せ

他人の行いの善し悪しを見て自分の行いを反省し、欠点を改めよということわざ。 桜が満開の季節。 花見見物に大勢の人がごった返し。 色んな人たちがいて、様々な人間模様があるが、中でも一際目立つのが、とある夫婦とその母親の3人組。 先客がいるにも関わらず、無理矢理場所を開けさせ、自分たちだけでどんちゃん騒ぎを始めてしまう……

銀助情話

☆あらすじ☆ 高橋茂紀の書き下ろし新作。 20年振りに江戸へ戻ってきた銀助。 数年で帰ると言って島流しになった銀助だか、気づけば20年も経ってしまった。 銀助は何のために帰ってきたのか? またなぜ20年もかかってしまったのか? 愛と感動のストーリー

父と子

☆ものがたり☆ 『父の恩は山よりも高く 母の恩は海よりも深し』 だか、子どもは中々それに気づけないもの。 些細なことで、親を疎ましく思ったり、邪険な態度をとってしまったり…… 親も親で、特に父親は子どもに弱い姿を見せまいと、つい意地を張ってしまったり…… しかし、親も生まれた時から親ではない。 子どもが生まれた瞬間に初めて、自分も親として生まれる。 子どもとの向き合い方に悩み、後悔しながらも奮闘し