座頭の市 〜見知らぬ恩義〜

☆ものがたり☆


按摩師ながら人を斬り、手配書の回った市という男が、とある博打場にやってきた。そこは砂原の千蔵という、お上から十手を預かりつつ金貸しをしている男が胴元で、イカサマをして金を巻き上げていた。鋭い勘でイカサマを見破った市は命を狙われる。千蔵の一家に用心棒として身を寄せている佐助は市を討つ命を受けるが、市と対話していく中で心境の変化を感じていた…

43回の閲覧

関連記事

すべて表示

らくだの馬さん

【あらすじ】 酒好きで暴れん坊で長屋の家賃も溜めている通称“らくだ”の馬吉が、フグに当たった死んでしまった!!! 飲み仲間の秀は、弔いのお金を用意立てようと小間物屋の清吉に声をかけるが、前述の通りらくだの家にはお金もなければ売る物もない。 そこで秀は、通夜の酒肴をせしめるために、ある考えを思いつくが・・・

次郎吉外伝〜橋物語〜

義賊と名高い鼠小僧次郎吉。 今日も人知れず人助け。 とある橋で身投げしようとする男と出会う次郎吉。 間一髪男を助ける次郎吉。 助けられた男はあることを思いつく……… 助けた男と助けられた男。 二人の運命はいかに…

人の振り見て我が振り直せ

他人の行いの善し悪しを見て自分の行いを反省し、欠点を改めよということわざ。 桜が満開の季節。 花見見物に大勢の人がごった返し。 色んな人たちがいて、様々な人間模様があるが、中でも一際目立つのが、とある夫婦とその母親の3人組。 先客がいるにも関わらず、無理矢理場所を開けさせ、自分たちだけでどんちゃん騒ぎを始めてしまう……