劇団紀州とは

 平成13年5月創立
 元 松竹所属の俳優、市川昇次郎氏が後世を担う若者に、時代劇の醍醐味を伝えたい、習得したものを受け継いでいって欲しいとの熱い想いから、芸道場として、『劇場 すわん江戸村』を立ち上げた。

 創立当初より、役者は勿論、歌手・芸人に至るまで、多種多様な人材が加わり舞台を繰り広げてきた。

 そして昨今、演歌歌手の三山ひろしさんとの全国ツアーも行う中、京都歌舞練場や京都劇場、名古屋名鉄ホールといった数々の大舞台での公演も成功を収め、今現在の劇団紀州なら体制を確立する。

市川昇次郎

旅回りの一座を切り盛りしていた叔父の影響で9歳で初舞台を踏み、全国を渡り歩いた。

大映や松竹で時代劇俳優として大スターとも共演してきた。
やがて映画は斜陽産業となり、時代劇俳優の仕事も減った・・・。

和歌山市内でスナックを経営しながら、舞台俳優を続けてきた。

​のどの手術して以降、長い台詞を喋るのが辛くなり、俳優活動をセーブした。
だが、役者魂は消えなかった。

芸の面白さを伝え続け、やがて共感した芸人仲間も次々と参加するようになり、芝居やジャズダンス、三味線、和太鼓
​常連客から弟子入りを志願する声があがり、スナックはいつしか「稽古場」となった。

弟子はどんどん増え、六十人を数えるようになった。
「きっちりと稽古できる場所が欲しい」
弟子たちと小屋作りにとりかかり、自分たちの城が出来上がった。それが「すわん江戸村」である。

丹念に町並みを作り上げた。
「本格的なセットの中で稽古するのが一番わかりやすいから」


​アマチュアも含めて芝居に興味がある人がここに集まり、芝居とはどういうものかを勉強してもらいたい

役者を目指す若者たちの稽古場を作り続けたい

劇団紀州外部公演
・かじか荘
・すさみヴェルベデーレ
・ホテルマーレたかた

​・
※定期的に外部公演もありますので、ホームページにてお知らせします。

すわん江戸村
和歌山県海南市且来645-1
073-482-5758

  • Twitter Social Icon