放浪の画家 〜清の噺〜

☆ものがたり☆

テレビや映画でお馴染み「裸の大将」シリーズの山下清を劇団紀州流にアレンジ!!

放浪の旅で山下清が和歌山に来ていた!?


お金のない清は東京から和歌山・金谷まで線路を歩いていた。

それを見つけた福子は「危ない!」と声をかけ、清をホームに上げる。

「どうして線路を歩いていたんですか」と声をかけると、清はこう答えた。

『お腹が空いたんだな』

福子は清を自分の家に連れて帰ることに。




福子の家は駄菓子屋をしていて、母と二人で楽しい平凡な生活を送っていた。


しかしそんな駄菓子屋周辺には立ち退きの話があった。


周辺はみな立ち退き、駄菓子屋の隣で喫茶店を経営している恋人・勝も立ち退くことを決めた。

勝と別れることになった福子だが、駄菓子屋は代々続いたお店で、なんとしてでも立ち退きたくなかった。



駄菓子屋の行方は…

清の正体は…

様々な出会いの中で、清の純粋な心と優しい人柄で問題を解決していく痛快コメディー!


118回の閲覧

関連記事

すべて表示

人の振り見て我が振り直せ

他人の行いの善し悪しを見て自分の行いを反省し、欠点を改めよということわざ。 桜が満開の季節。 花見見物に大勢の人がごった返し。 色んな人たちがいて、様々な人間模様があるが、中でも一際目立つのが、とある夫婦とその母親の3人組。 先客がいるにも関わらず、無理矢理場所を開けさせ、自分たちだけでどんちゃん騒ぎを始めてしまう……

銀助情話

☆あらすじ☆ 高橋茂紀の書き下ろし新作。 20年振りに江戸へ戻ってきた銀助。 数年で帰ると言って島流しになった銀助だか、気づけば20年も経ってしまった。 銀助は何のために帰ってきたのか? またなぜ20年もかかってしまったのか? 愛と感動のストーリー

父と子

☆ものがたり☆ 『父の恩は山よりも高く 母の恩は海よりも深し』 だか、子どもは中々それに気づけないもの。 些細なことで、親を疎ましく思ったり、邪険な態度をとってしまったり…… 親も親で、特に父親は子どもに弱い姿を見せまいと、つい意地を張ってしまったり…… しかし、親も生まれた時から親ではない。 子どもが生まれた瞬間に初めて、自分も親として生まれる。 子どもとの向き合い方に悩み、後悔しながらも奮闘し