会津の小鉄

☆ものがたり☆




『会津小鉄』

本名:上坂仙吉


幕末から明治維新にかけての動乱の時代。関東の大前田英五郎、東海の清水次郎長と並び称された大侠客。


彼がここまでの大親分になったのは、決して表には出てこない、ある一人の女性がいたからである。


これは仙吉が男を売り出すまでの物語。






舞台は京の都


名張屋新造の島内と知りながら筵掛の小屋で賭場を開いていた仙吉。


そこへ新造の身内、“達磨の長助”が文句をつけにやって来る。喧嘩口論となり仙吉の投げた石が長助の頭に命中した。当たり所が悪かったのか、そのまま長助は息絶えた。





その頃仙吉を訪ねて江戸よ会津部屋・政五郎貸元の身内、“般若の直吉”がやって来る。


女房お吉が出迎える中、顔にアザを作った仙吉が帰って来た。

直吉から政五郎親分の言付けを聞き、お吉と共に江戸に向かう腹積もりになるのだが、そこへ兄弟分を殺されいきり立った新造の身内、“定”がやって来る。


小気味のいいお吉の啖呵に圧倒され一度は引き揚げるのだが、島を荒らされ身内を殺られた名張屋新造がこのまま黙っているはずもない……





惚れた男の出世を切に願う女房お吉。

仙吉を男にする為お吉がとった行動は…


75回の閲覧

関連記事

すべて表示

人の振り見て我が振り直せ

他人の行いの善し悪しを見て自分の行いを反省し、欠点を改めよということわざ。 桜が満開の季節。 花見見物に大勢の人がごった返し。 色んな人たちがいて、様々な人間模様があるが、中でも一際目立つのが、とある夫婦とその母親の3人組。 先客がいるにも関わらず、無理矢理場所を開けさせ、自分たちだけでどんちゃん騒ぎを始めてしまう……

銀助情話

☆あらすじ☆ 高橋茂紀の書き下ろし新作。 20年振りに江戸へ戻ってきた銀助。 数年で帰ると言って島流しになった銀助だか、気づけば20年も経ってしまった。 銀助は何のために帰ってきたのか? またなぜ20年もかかってしまったのか? 愛と感動のストーリー

父と子

☆ものがたり☆ 『父の恩は山よりも高く 母の恩は海よりも深し』 だか、子どもは中々それに気づけないもの。 些細なことで、親を疎ましく思ったり、邪険な態度をとってしまったり…… 親も親で、特に父親は子どもに弱い姿を見せまいと、つい意地を張ってしまったり…… しかし、親も生まれた時から親ではない。 子どもが生まれた瞬間に初めて、自分も親として生まれる。 子どもとの向き合い方に悩み、後悔しながらも奮闘し