top of page

浮世人生

江戸時代、大阪に引っ越してきた甚兵衛とおさき。貧乏な夫婦は、引っ越す度に家財道具を売り払い資金を作っていた。

ある日、甚兵衛が古道具屋から古びた太鼓を買って持ち帰ってきたが…

閲覧数:9回

関連記事

すべて表示

男街道

これぞ水戸の黄門様

皆様ご存知水戸黄門。お供の助さん格さんは実は襲名制だった!先代の助さんから"助さん業"を引き継いだ新しい助さんは、憧れの黄門様をお守りできると喜んだのも束の間、ボケまくる黄門様と嫌味な格さんに翻弄されながら、やっぱり旅先では事件が起こってしまう。がんばれ助さん!一般人に黄門様の醜態を見せるわけにはいかないぞ!

bottom of page