top of page

銀助情話

☆あらすじ☆


高橋茂紀の書き下ろし新作。



20年振りに江戸へ戻ってきた銀助。


数年で帰ると言って島流しになった銀助だか、気づけば20年も経ってしまった。


銀助は何のために帰ってきたのか?

またなぜ20年もかかってしまったのか?


愛と感動のストーリー



閲覧数:158回

関連記事

すべて表示

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。 お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。 すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。 お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が! 桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。 今日はその出立の日・・・。

どこにでもいる幸せそうな若い夫婦。 しかし、二人は訳ありで、江戸から上州に逃げてきた身。 そしてその二人をヘビのように執拗に探し、追いかけてくる黒い影が・・・。

bottom of page