top of page

日本昔話 桃太郎伝

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。

お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。

すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。

お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が!


桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。

今日はその出立の日・・・。

閲覧数:60回

関連記事

すべて表示

男街道

これぞ水戸の黄門様

皆様ご存知水戸黄門。お供の助さん格さんは実は襲名制だった!先代の助さんから"助さん業"を引き継いだ新しい助さんは、憧れの黄門様をお守りできると喜んだのも束の間、ボケまくる黄門様と嫌味な格さんに翻弄されながら、やっぱり旅先では事件が起こってしまう。がんばれ助さん!一般人に黄門様の醜態を見せるわけにはいかないぞ!

bottom of page