top of page

日本昔話 桃太郎伝

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。

お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。

すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。

お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が!


桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。

今日はその出立の日・・・。

閲覧数:63回

関連記事

すべて表示

お吉物語

対象:一般向け / 時間:60〜70分 【あらすじ】 幕末、伊豆下田の船大工、市兵衛の娘・お吉は下田一の売れっ子芸者だった。お吉には将来を約束する鶴松という男がいたが、アメリカ合衆国総領事ハリスの側妾になるように命ぜられる。鶴松には名字帯刀を許し、江戸で造船の修業ができるよう便宜をはかっていた。婚約者に裏切られたお吉はハリスに仕え、日米友好の懸け橋となったはずのお吉だったが・・・。

孝行飛鳥山

対象:一般向け / 時間:60〜70分 【あらすじ】 江戸時代、八代将軍の徳川吉宗が庶民の行楽のために桜を植樹し、花見の名所となった飛鳥山。 今日も多くの人たちが、花見にやってきていた。 清次郎と女房のお兼は、母・お梅を連れて来るが、来るのが遅く、良い花見の場所を全部取られてしまっていた。 お兼はそれをお梅のせいにしだして・・・。

人生桜

Commentaires


bottom of page