日本昔話 桃太郎伝

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。

お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。

すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。

お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が!


桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。

今日はその出立の日・・・。

閲覧数:43回

関連記事

すべて表示

どこにでもいる幸せそうな若い夫婦。 しかし、二人は訳ありで、江戸から上州に逃げてきた身。 そしてその二人をヘビのように執拗に探し、追いかけてくる黒い影が・・・。

仕事もしない飲んだくれる八五郎。 いつものように酔っ払って帰ってきた八五郎は、牡丹餅が入っていると風呂敷包みを持って帰ってくるが中身はなんと50両だった! 拾ってきたお金にも手をつけようとする八五郎に対し、女房のお作がある嘘をつく・・・。