橘とお菓子の物語 | 2022.11.27


★日時

2022年11月27日(日) 12:00〜

※開場は開演の1時間前です。


★場所

海南市民交流センター「ふれあいホール」

(和歌山県海南市下津町下津500-1)


★内容

第一部 お芝居『橘とお菓子の物語』(75分)

第二部 舞踊歌謡ショー『花橘』(75分)

※第一部と第二部の間には休憩時間が30分程度ございます。


★出演

春菜美保

市川昇

市川福介

市川勇車

市川太仁志

市川こより

市川香加舞

(以上、劇団紀州)


高橋茂紀(下町かぶき組)

のの華

戸川心花

前芝和子


[特別ゲスト]

松阪ゆうき

辻本好美

あやこと(ayaho•前田琴音)


原作・市川昇次郎

脚本・金澤寿美


★チケット

全席指定(税込)

S席 6,600円

A席 5,500円

B席 4,400円


☆チケット取扱い・お問い合せ

株式会社すわん江戸村

☎️073-482-5758

📩gekidankisyu@suwan-edomura.com📩gekidankisyu@suwan-edomura.com



★主催

劇団紀州


★協賛

株式会社すわん江戸村

演劇街道きなくにプロジェクト

橘本神社


★後援

和歌山県

海南市

海南市教育委員会

海南市観光協会


閲覧数:338回

関連記事

すべて表示

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおりました。 お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川で洗濯に。 すると川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコ。 お婆さんはその桃を拾って帰り、桃を食べようと割ってみるとなんと中から男の子が! 桃太郎と名付けられた男の子は鬼退治に鬼ヶ島へ向かいます。 今日はその出立の日・・・。

どこにでもいる幸せそうな若い夫婦。 しかし、二人は訳ありで、江戸から上州に逃げてきた身。 そしてその二人をヘビのように執拗に探し、追いかけてくる黒い影が・・・。

仕事もしない飲んだくれる八五郎。 いつものように酔っ払って帰ってきた八五郎は、牡丹餅が入っていると風呂敷包みを持って帰ってくるが中身はなんと50両だった! 拾ってきたお金にも手をつけようとする八五郎に対し、女房のお作がある嘘をつく・・・。