top of page

忠臣蔵~花の巻~

元禄14年(1701)3月14日。江戸城内の松の廊下に怒声が響いた!! 浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が小刀で、幕府高家の吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)に斬りかかったのである。

尚も刀を振り回す浅野を、その場に居合わせた梶川与惣兵衛(かじかわよそべえ)が後ろから羽交い絞めにし「殿中でござる!刀をお納めくだされ」「止めてくれるな梶川殿、武士の情けじゃ討たせてくれ~!」

御存知忠臣蔵、刃傷松の廊下の場面です。

閲覧数:285回

関連記事

すべて表示

雨降って地固まる

対象:一般向け / 時間:60〜70分 【あらすじ】 大工の棟梁・政五郎とお千代は相思相愛の仲で夫婦になって、今は政五郎の母親・君江と三人で暮らしている。しかしいつの時代も嫁姑の問題はあるもので、君枝はあまりにも二人の仲が良いので、イライラして嫁のすること全てに腹が立ち、嫁をいびる毎日。いつしか夫婦仲よりも、嫁姑の方が世間の噂で広まる有様。そんなある日、お千代の弟・喜平がいつものように金の無心にや

風花のかんざし

対象:一般向け / 時間:60〜70分 【あらすじ】

紅蓮の纏

対象:一般向け / 時間:60〜70分 【あらすじ】 「火事と喧嘩は江戸の華」といわれるほど、江戸も町には火事が多かった。いろは48組の“め組”の頭領・政五郎は25年前の文化の大火で、赤子を拾い、そのの親代わりとなる。それから25年。角太郎はすっかり大きくなり、今ではめ組の花形纏持ちに。そんな時、角太郎の母親と名乗る人物が、政五郎の元へ訪ねて来る。

Comments


bottom of page