『酔筆奇術偏狂記』稽古場レポート

2020年8月6日(木)に上演される 演劇街道きのくにプロジェクト produced by 劇団紀州

『酔筆奇術偏狂記』~マジシャンたちの物語~

その稽古が7月7日(火)~9日(木)の三日間、「すわん江戸村」でおこなわれました。

今回の公演で稽古を指揮するのは、劇団紀州代表・市川昇次郎。

「芸道場 すわん江戸村」設立当初の目的でもあった「役者の育成」。

将来を担う演劇を学びたいという若者に“人情芝居”を得意とする市川が熱の入った演技指導をおこなっていきます。

「ちょっとした所作で見え方が全然違う」「台詞に波を作りなさい」

自ら手本を示しながら、その台詞の心情や、所作の綺麗さを丁寧に説明し、芝居を作り上げていきます。

劇団紀州のメンバーもサポートしながら、それぞれのキャラクターの衣装を身にまとい、本番さながらに稽古に没頭する役者たち。

あとは公演日まで、多くを吸収し、クオリティーをより高いものにする日々が続きます!

公演情報

演劇街道きのくにプロジェクト produced by 劇団紀州

「酔筆奇術偏狂記」~マジシャンたちの物語~

【日程】

8月6日(木)13:00/18:00 ※開場は開演の30分前

 

【ストーリー】

時は昭和のはじめ。紀州城下町の呉服屋。

たった一人の跡取り息子が、プロマジシャンになろうと家を飛び出す決意を固めた。
迎えに来た天下の女奇術師に、何も言えない妻。
たった一度!数奇な人生のワンシーンを描く

 

1部 『酔筆奇術偏狂記』

2部 劇団紀州による舞踊・歌謡ショー

(途中30分の休憩を挟みます)

 

【出演】

坂口勝紀、栗須香練、岡本ゆうすけ、古田幸人、芝輝敏、高田 知佳、さぶりな、真中昌崇、のの 華、劇団紀州 

 

作・金沢寿美 

演出・演技指導 市川昇次郎

特別協力・すわん江戸村(劇団紀州)

特別演出 佐藤香聲

 

【チケット】

前売り 2,000円 全席指定/税込

各回30名様(完全予約制・先着順)

 

【場所】

劇場すわん江戸村 https://www.suwan-edomura.com/

JR海南駅(車約8分)、海南IC(約7分)

和歌山県海南市且来645-1(駐車場あり)

 

【後援】

和歌山県、和歌山県教育委員会、和歌山市、和歌山市教育委員会

 

【協力】

Kプロジェクト、保田敏行

 

【主催】

演劇街道きのくにプロジェクト

「もっと演技の勉強がしたい!」「役者になりたい!」

株式会社すわん江戸村では今後より一層、プロ・アマ問わず、将来を担う役者の育成に力をいれていきます。

希望する方、ご連絡をお待ちしています。

 

TEL  073-482-5758

E-mail gekidankisyu@suwan-edomura.com

すわん江戸村
和歌山県海南市且来645-1
073-482-5758

  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Twitter Social Icon